AGAまとめサイト

AGA以外にも、円形脱毛症や脂漏性脱毛症、甲状腺機能低下による脱毛症、びまん性脱毛症といったように、薄毛には様々な種類があります。

RSS 2.0

薄毛の種類はさまざま

 「薄毛といえばAGA」、なんてイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実はAGA以外にも薄毛には様々な種類があります。

そこでここでは、AGA以外の様々な薄毛の種類についてご紹介させていただきます。

・円形脱毛症

 円形脱毛症は、自己免疫疾患やストレスなど様々な要因で一部分の髪の毛が抜けてしまう症状をいいます。

俗に「10円ハゲ」などと呼ばれることもありますよね。

円形脱毛症は、1年程度で自然治癒する場合が多いようです。

・甲状腺の機能が低下したことによる脱毛症

 髪の毛の成長には、甲状腺の機能も大きく関係しています。

甲状腺の機能が低下すると髪の毛の元である毛母細胞が正常に活動できなくなり、抜け毛の量が増えてしまうのです。

・脂漏性脱毛症

 脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌が原因となって起こる脱毛症です。

生活習慣や体質、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因によって頭皮の皮脂が過剰部分泌され、これが毛穴をふさいでしまうことによって抜け毛の量が増えてしまうのです。

 日本人男性の3割程度が、脂漏性脱毛症であるとも言われています。

・びまん性脱毛症

 AGAや円形脱毛症が頭の一部分から症状が進行するのに対して、びまん性脱毛症は頭全体で薄毛が進行していきます。

この脱毛症は女性に多く、最初は髪の毛が細くなる程度ですが、次第に髪の毛全体が薄くなっていき、地肌が目立つようになってしまうのです。

 以上のように薄毛には様々な種類があり、その症状を改善するためにはそれぞれの原因に応じたケアをしていく必要があります。

現在抜け毛や薄毛にお悩みの方は、まず自分がどのタイプの薄毛なのかということをチェックしてみましょう。

【チェック】http://www.indianpackersmovers.com/